小さな海辺の村。ソウルから所長として赴任してきた若き女性警官のヨンナム(ぺ・ドゥナ)は、初日に14歳の少女ドヒ(キム・セロン)と出会う。ドヒは実の母親が蒸発し、血のつながりのない継父ヨンハ(ソン・セビョク)と、その母親である祖母と暮らしていて、日常的に暴力を受けている。無数の傷跡がドヒの過酷な日々を痛々しく語っていた。村人たちは老人ばかりの集落で、若くして力を持つヨンハの横柄な態度を容認し、ドヒに対する暴力ですら見てみぬふりをしている。そんな状況にひとり立ち向うヨンナムは、ドヒにとって暴力や学校のいじめから守ってくれる唯一の信頼できる大人だった。また孤立していたヨンナムも、少女の存在に癒されてゆく。

 夜中、ヨンナムの家にドヒが泣きながら訪ねてくる。同時に「老人の遺体がみつかった」と署から電話が入る。海辺に駆けつけると、崖からドヒの祖母が落ちて死亡していた。「パパとおばあさんが追いかけてきて落ちた」とドヒは涙ながらに説明する。しばらくするとヨンハが現場に到着し、「クソガキのせいだ」とドヒに殴りかかる。エスカレートしてゆくヨンハの暴力から守るために、ヨンナムはドヒを一時的に自宅に引き取り面倒をみることにする。子供らしい無邪気な笑顔がドヒにも戻ってきた。しかし、次第にヨンナムと離れることを過剰に恐れ、彼女のすべてに執着しはじめるドヒ。あまりに過剰な反応にヨンナムは少し戸惑いを憶えはじめる。
ある日、偶然にもヨンハは衝突を繰り返していたヨンナムの過去の秘密を知り、社会的に破滅へと彼女を追い込んでゆく。ヨンナムを守るため、すべてをかけてドヒは危険な選択をするが・・。